婦人科一般診療

トータルな女性医療の場

女性の体はとてもデリケートで、常にホルモンバランスの変化が起こっており、それが体や心の状態に大きな影響を及ぼしています。
特に、生理、妊娠、更年期(年齢)などによって、さまざまな変化が生じてきます。
その変化の過程で起こってくる症状や病気などを診断・治療するのが婦人科一般診療です。

婦人科は、生理不順、不正出血、下腹部痛、おりものの異常など、女性特有の症状を診ます。
肩こりや貧血などの症状も、女性ホルモンのバランスの崩れによって起こるケースもありますから、まずは婦人科にご相談ください。
必要な場合には、専門の医療機関をご紹介いたします。

婦人科は、女性の病気の交通整理役も果たしており、言わば「女性総合診療科」とも称すべきトータルな女性医療の場となっています。

気になることがございましたら、何でもお気軽にご相談ください。

こんな症状が現れたら早めにご受診ください

月経の異常

周期や期間、出血量が通常と大きく異なる。
イライラやむくみ、乳房痛、頭痛、ひどい月経痛などの症状が見られる。
思春期になっても初経が来ない。それまで定期的にあった月経が突然無くなった。

不正出血

周期的な月経以外に、不規則な出血がある。

おりものの異常

正常なおりものは無色透明ないしはクリーム色で、ほぼ無臭ですが、この色や臭いが普通と異なる。

外陰部の異常

痒い、赤く腫れる、ただれる、痛い、しこりがある。

乳房の異常

しこりや痛みがある。
皮膚にひきつれや窪みがある。
乳頭がへこんだり、黒ずんだり、ただれたりしている。

腹痛

女性の場合、消化器等の疾患に限らず、子宮や卵管、卵巣の病気によって起こるケースもある。